怠惰を求めて勤勉に行き着く
素人仕事
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とりあえず荒サイ
2009年 10月 25日 (日) 02:18 | 編集
20091025021835
右の自転車のハンドルに注目。

腹の調子が悪い&二日酔いで布団に包まっていたところ、健ちゃんから電話が。
ちかくにいるとのことで、とりあえず荒サイへ。
腹巻をつけて自転車に乗りました。

TTバーを導入したんですが、すごくイイ。
速くなった気がする。
セッティングはUCIルールに則っているつもりです。
ハンドルはBBから750 mm、サドルの後退量はBBから50 mm。(これであってる?)

もう寒いですね。
スポンサーサイト
タローゴー
2009年 10月 11日 (日) 13:13 | 編集
琵琶湖に棲んでいるタロー君の自転車が完成!


例の軽量アルミフレームに105という黄金の組み合わせです。
詳細なスペックは後ほど。
荒サイ
2009年 10月 04日 (日) 22:08 | 編集
20091004220840
とりあえずのアラサイ。
天気がよく、風も穏やかで走りやすい日でした。

健ちゃんがビンディングを導入したのでアラサイでテストライドです。
彼は重いギアでグングン踏んでいける剛脚な感じでちょっと気を抜くと離
されてしまいます。
練習不足を痛感しました。
今後は機材とエアロダイナミクスで彼に勝ちたいとおもいます。
トライアスロン
2009年 09月 16日 (水) 23:43 | 編集
・トライアスロン
1977年、ハワイの海兵隊員達が酒の席で、「マラソン、遠泳、サイクルロードレースのどれが最も過酷か」と議論。競技特性が全て違うのだから比較のしようがなく、「この際まとめてやってみよう」という事で考え出された耐久競技。
(ウィキペディアより)

酔っ払いが考案したらしい。

自分は自転車をもっているので、あとは水着とランニングシューズがあれば参加できてしまうという状態。
とりあえず出てやろうじゃないか、ということで先週の土曜日、トライアスロンに出場しました。
といっても、ショートと呼ばれる一番距離の短いやつです。
常連さんにとってはタイムアタックのような、サクッと終わっちゃうようなもんでしょう。
気になる距離は

スイム:0.75 km
バイク:20 km
ラン:5 km

ちなみにそれぞれ倍の距離をこなせば計51.5 kmで、オリンピックディスタンスと呼ばれるスタンダードなトライアスロンになります。

さて、どんな感じになったか。

最初のスイムが自分にとって一番厄介なパートでした。
とりあえず大会にエントリーした3ヶ月ほど前から近所のプールに通って練習しました。
最初は25 m泳ぐのがやっとで、100 mほど泳いだら腕が上がらなくなりました。
回数をこなすうちに200メートルぐらいはノンストップで泳げるようになったけど、750 mは天文学的数値です。
当日はプールで、しかも足をついてよかったのでだましだましゴールしました。
同じ組でケツから5番目ぐらいでした。
オ㍗ル

でバイク。
それなりに自信があったのですが、数多くの人にぶち抜かれました。
漕いでいる時には、すでにDHバーの導入を考えていました。
バイクパートの自分の平均時速は約28.6 km/hで、トップクラスの平均時速は約34.3 km/h。
トップクラスに入るためにはあと5.7 km/h速く走る必要があると。
DHバーで1 km/h、ホイールで1 km/hぐらい速くできそうなので、自力で4 km/hかな。
要練習だな。

bike
職業カメラマンの健ちゃんに撮っていただきました。

最後のランは給水ポイントのアミノバリューを飲んだら腹が痛くなって超減速。
なんとか走りきった感じです。

終わったあとは・・・
また出たいと思いました。
スイムとバイクをしっかり練習し、ランは気合い。
これで当面やってみようと思います。
御無沙汰
2009年 06月 16日 (火) 22:58 | 編集
とりあえず、毎週末は自転車で出かけるようにしています。
写真とともに近況報告。

自宅にて
最近のTNI号の様子をば。

コンポ:アルテグラSL
ホイール:WH-7850-SL チューブレス タイヤはIRCのSC
ハンドル:J-Fit more オーバーサイズ
ステム:3T 17°
サドル:Selle SMP Strike Composite

といった構成です。
加速は気持ちいい。
シートクランプやトールキャップに至るまで厳選した?黒色アルミパーツでそろえてあります。
とても自己満足なバイクに仕上がりました。
次はオールシルバーで組んでみたい。


夕日
夕日の旧岩淵水門とともに。
フレームには"出力650 Wを維持できますような剛脚になれますように"という無茶な願いを込めたステッカーを貼付してあります。

荒川で20 km×2をこなすのが最近のやり方です。
先日はハンガーノックでフラフラになり、あわててコンビニに駆け込んでおにぎりをかっくらいました。


柳沢峠にて
柳沢峠にて。
奥多摩駅まで輪行し、そこから大菩薩ラインを走り、柳沢峠を越えて塩山に向かうお気に入りのコース。
車も少ないし、見晴らしも抜群に良い。
途中、一生懸命坂道を漕いでいるとき、欧米人グループに「ガンバレー」って応援してもらったよ。
ありがとう。


東北も行きたいし、長野もいいね。
梅雨が明けたら各地に遠征します。
copyright (C) 素人仕事 all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。